9月から「自立生活プログラム」を開催します

自立生活センター・エコーでは、毎年「自立生活プログラム」を行っていますが、今年度の開催日程などが決まりました。
「自立生活プログラム」では、「健康管理」、「金銭管理」、「掃除洗濯」、「制度利用」、「介助者との関係作り」、「公共交通機関を利用しての外出」など、地域で自立生活を送るために必要な知識や情報、ノウハウを、実際に自立生活を送っている仲間が伝えます。
自立生活について、難しいなと感じていることでも、必ず何か解決方法はあるものです。あきらめずに私たちと一緒に考えてみませんか?

日程などは、以下のとおりです。

●日  程:9月10日(土)~11月12日(土)
・毎週土曜日 全10回
・※10回すべての参加が原則です。
●時  間:13時~17時
・※回によっては時間の変更があります。
●場  所:自立生活センター・エコー
・北九州市小倉南区下曽根1丁目2-33
・※JR下曽根駅より徒歩5分
●参 加 費:3000円
・※食材費、交通費、介助料(必要な方のみ)などは別途料金となります。
●定  員:5名程度
・※お申込み多数の場合は選考とさせていただきます。
●締め切り:8月27日(土)
●主  催:自立生活センター・エコー / 全国自立生活センター協議会

自立生活に関心のある障害者なら、どなたでも参加できますので、参加を希望される方は、ぜひ下記の問合せ先にお問合せ下さい。お待ちしています!

 ●お問合せ先●
・自立生活センター・エコー
・〒800-217 北九州市小倉南区下曽根1丁目2-33
・Tel 093-982-2993 / Fax 093ー982ー1131
・E-mail  cil-echo@crv.bbiq.jp
・担当:児玉

 

H28年度ILP6チラシ

長崎市山口和俊さん個別自立生活プログラム

山口和俊さんは昨年10月29日に長崎市において開催したピアカウンセリング講演会の参加者です。講演会に参加し、自立生活センターに関心を持ち、以後、鹿児島市や下関市、北九州市の自立生活センターを見学するなどして、センターの活動を学んでいます。
現在はご家族と一緒に生活をされていますが、自立生活に向けて準備を進めています。第一歩として長期自立生活プログラムを受講することになり、CIL下関、自立生活センターてくてく、自立生活センターちくご、自立生活センターぶるーむ、自立生活センター・エコーの5団体が分担して、プログラムを実施しています。
第1回目は自立生活センターぶるーむの後郷さんが、7月1日にスカイプを用いて行い、第2回目は7月8日にエコー児玉が長崎市におもむいて対面で行いました。このような形でおよそ10回のプログラムを行う予定です。
山口さんは将来的に自立生活センターの設立を目指しているのですが、ぜひ実現してもらいたいと思っています。

IMG_2191

ピア・カウンセリング セッション会について

エコーでは、毎月2回、ピア・カウンセリングのセッション会を行っています。

この場合の「セッション」とはピア・カウンセリング手法を使った話の聴き合いのことで、このセッション会は、ピア・カウンセリング集中講座を受講した人なら誰でも参加できます。

ピア・カウンセリングを学んだ仲間同士でセッションを繰り返すことで、せっかく学んだピアカウンセリングの手法を忘れないように、そして、ピア・カウンセリングを日々の生活に活かせるように、エコーでは毎回1時間のセッション会を月に2度行っているのです。

セッションで話の聴き合いをした後は、不思議と気持ちがスッキリします。ぜひエコーのセッション会に参加してみてください。

 

また、セッションは、とっても大切な時間ではありますが、1時間のセッション会のために、わざわざエコーまで来てくださった仲間たちと「せっかくだから希望する人は一緒に食事でもしようよ(⌒∇⌒)」ということで、セッション会が終わった後に、希望者のみで「各自持ち寄り食事会」も行っています。セッションで気持ちをスッキリさせた後、仲間たちと話しながら一緒に食事をするのは楽しいですよ!(^-^)(もちろん、あくまで希望者のみの食事会なので、セッション会が終わった直後にそのまま帰っても全くかまいません!(^-^)v)

 

「セッション会」と、その後の「各自持ち寄り食事会」、関心のある方は、いつでもお問合せください! お待ちしています!m(_ _)m(^-^)