facebook開設しました。

facebookを開設しました。また新しい形でエコーの事を情報発信していきたいと思います。

HPトップページよりアクセス出来ます。

これからもよろしくお願いします。

 

6月『セッション会+』開催

6月24日(土曜)、『セッション会+(プラス)』を行いました。
この『セッション会+』は、以前から1時間行っていた通常の「セッション会」の時間枠を2倍から2.5倍に拡大して、ピア・カウンセリング(以下、ピアカン)の手法や理念の復習をしたり、その会のテーマを決めたりして行う「ミニ継続講座」といった感じでのものです。
時間をたっぷり取った分、セッションも何度も行います。

6月の今回は、ピアカンの約束事・目的を再確認した後、「障害について」を復習しました。
参加者はリーダー役を含めて3人でした。
その中のお一人から、「一時間バージョンと比べると長く感じてしまう人もいるかもしれませんが、普段あまり人と話さない私にとってはいろいろ話せて良かったです。癒しになりました。」という感想が寄せられました。
このように、長めに時間を取っているので何度もセッションができる点も『セッション会+』の良いところだと思います。

エコーでは、この『セッション会+』を今後も毎月行う予定で、内容についても毎回少しずつ変えていこうと思っています。
集中講座を受講し終えたばかりの方や、しばらくセッション会に参加していなかった方、以前に集中講座を受講したことがあるけれどもピアカンそのものを少しお休みしていた方に、ぜひ参加していただければ幸いです!m(__)m(^-^)

ちなみに、7月の「セッション会」の予定は、以下のとおりです。
・1回目: 7月6日(木曜) 13:00~14:00(こちらは、今まで通りの1時間バージョンです!b(^-^))
・2回目(『セッション会+』):7月15日(土曜) 13:00~15:30

ピア・カウンセリング集中講座を受講した皆さんのご参加を心からお待ちしています!m(__)m(^-^)

 

(文責:井瀬 政裕)

IMG_2338

 

6月「エコー研」開催

6月17日(土曜)、毎月恒例の「エコー研」と「食事会」が行われました。

毎月テーマを決めて行っているエコー研ですが、6月のテーマは「家族との関係」ということで、映画『ギルバート・グレイプ』について、参加者みんなで語り合いました。この映画は、肉体的・精神的に傷つきやすい母親や、知的障害を持つ弟などの家族を守って生きる青年「ギルバート・グレイプ」の姿を通して、家族の絆、兄弟の愛憎、青春の痛み、そして未来への希望を描いた心優しきヒューマン・ドラマです。
「ギルバートの深い家族愛に感動した」「知的障害を持つ弟を演じたレオナルド・ディカプリオの演技が素晴らしかった」など、いろいろな視点からの参加者の感想があって、楽しく語り合えました。

このように、「エコー研」では、いつも難しい話題を“勉強”しているのではなく、いろいろな話題について、参加者みんなで、時には楽しく時には熱く語り合うこともたくさんあります。
少しでも関心のある方は、ぜひ一度ご参加ください!m(__)m(^-^)

なお、「エコー研」のあとは、恒例の「食事会」を行いました。
この食事会は、障害者・健常者を問わず参加できるオープンなもので、参加者みんなが無礼講でおしゃべりする楽しい食事会です。もちろん、「今までエコーとの関わりが少なかろうと多かろうと、障害者・健常者を問わず誰でもウェルカム!」のイベントです。

毎月開催される「エコー研」と「食事会」ですが、その両方またはどちらか一方でも参加できます。障害者と健常者の垣根を超えてのご参加をお待ちしております!(^-^)/

 

IMG_2335

6月「セッション会」開催

6月6日(火曜)、ピア・カウンセリングの「セッション会」を行いました。エコーでは毎月2回のセッション会を行っていますが、6日のセッション会は『セッション会+』ではなく、1時間バージョンのセッション会でした。
この場合の「セッション」とはピア・カウンセリング手法を使った話の聴き合いのことで、このセッション会は、「ピア・カウンセリング集中講座」を受講した人なら誰でも参加できます。

 
エコーでは、ピア・カウンセリングを学んだ仲間同士でセッションを繰り返すことで、せっかく学んだピア・カウンセリングの手法を忘れないように、そして、ピア・カウンセリングを日々の生活に活かせるように、このセッション会を、1時間バージョンのものと、ミニ継続クラスともいえる『セッション会+』と、あわせて月に2度行っています。
セッションで話の聴き合いをした後は、不思議と気持ちがスッキリします。
ピアカン集中講座経験者の皆さん、よろしければ是非エコーのセッション会に参加してみてください!m(__)m(^-^)

 

6月「セッション会」開催

5月「エコー研」開催

5月27日(土曜)、毎月恒例の「エコー研」と「食事会」が行われました。

毎月テーマを決めて行っているエコー研ですが、5月のテーマは「障害者の人生」ということで、映画『フォレスト・ガンプ 一期一会』について、参加者みんなで語り合いました。
あまりにも有名な映画なので、あらすじについては省略しますが(笑)、軽度の知的障害を持つ主人公の一途で超人的な努力、一途で深い愛情、様々な人々とのかかわりなどが、アメリカの歴史や戦争も盛り込みながら描かれていて、参加者のみんなも感動する部分が人それぞれに微妙に違うなど、楽しく語り合えました。

このように、「エコー研」では、いつも難しい話題を“勉強”しているのではなく、いろいろな話題について、参加者みんなで、時には楽しく時には熱く語り合うこともたくさんあります。
少しでも関心のある方は、ぜひ一度ご参加ください!m(__)m(^-^)

なお、「エコー研」のあとは、恒例の「食事会」を行いました。
この食事会は、障害者・健常者を問わず参加できるオープンなもので、参加者みんなが無礼講でおしゃべりする楽しい食事会です。もちろん、「今までエコーとの関わりが少なかろうと多かろうと、障害者・健常者を問わず誰でもウェルカム!」のイベントです。
今回の食事会にも、今までエコーとのかかわりのなかった方が2度目の参加をしてくれたり、先日のエコーの「ピア・カウンセリング集中講座」の参加者が来てくれたりして、嬉しかったです!(^-^)

毎月開催される「エコー研」と「食事会」ですが、そのどちらでも障害者と健常者の垣根を超えてのご参加をお待ちしております!

 

IMG_2319