4月『セッション会+』開催

4月14日(土曜)、『セッション会+(プラス)』を行いました。
この『セッション会+』は、以前から1時間行っていた通常の「セッション会」の時間枠を2.5倍に拡大して、ピア・カウンセリング(以下、ピアカン)の手法や理念の復習をしたり、その会のテーマを決めたりして行う「ミニ継続講座」といった感じでのものです。
時間をたっぷり取った分、セッションも何度も行います。

今回は、いつものように「ピアカンの約束事・目的」、「人間の本質と感情の解放」を振り返った後、「障害について」を少し復習しました。
参加者はリーダー役を含めて3人でした。

今回の参加者からは、「やっと『ピアカンの目的』は完璧に覚えたみたいです。あとは『人間の本質』などをしっかり覚えていきたいと思います。頑張ります!」「自分の恥ずかしい話を聞いてもらえて、すっきりしました。」などの感想が寄せられました。

エコーでは、この『セッション会+』をほぼ毎月行っていて、内容についても毎回少しずつ変えています。
集中講座を受講し終えたばかりの方や、しばらくセッション会に参加していなかった方、以前に集中講座を受講したことがあるけれどもピアカンそのものを少しお休みしていた方に、ぜひ参加していただければ幸いです!m(__)m(^-^)

ちなみに、5月の「セッション会」の予定は、以下のとおりです。
・1回目:5月8日(火曜) 13:00~14:00(こちらは、今まで通りの1時間バージョンです!b(^-^))
・2回目(『セッション会+』):5月26日(土曜) 13:00~15:30

ピア・カウンセリング集中講座を受講した皆さんのご参加を心からお待ちしています!m(__)m(^-^)

IMG_2797

IMG_2798

4月「協力プレイ同好会」開催

4月7日土曜日協力プレイ同好会を開催しました。

今までは、二人ないし三人でプレイしていましたが、今回初の四人プレイとなりました。

人数が増えたので簡単にゲームを進められると思っていましたが、雑魚キャラが思いのほかたくさん湧き出てきて四、五回全滅してしまいした。

三時間ちょっとのプレイでしたが、あっという間に終わってしまいました。

協力プレイ同好会は、障害者健常者の枠を超えて皆様の参加をお待ちしております。

IMG_2793

IMG_2795

IMG_2796

「お花見エコー」開催

4月2日(月曜)、『お花見エコー』を開催しました。

今まで「みんなでエコー!」として、エコーの仲間たちで毎年お花見はしていたのですが、今回の『お花見エコー』は、参加者の有志による“料理一品持ち寄り”でエコー総力を挙げて(!?)(笑)のお花見を行いました。みんなが自分で作ったり買ったりして参加人数分の料理を持ち寄ってくれたのです。持ち寄ったものは、オニギリ、枝豆、シュウマイ、鶏の唐揚げ、竹輪の中にソーセージやキュウリを入れたもの、ウインナー、煮物、ミニトマト、オハギなど、盛り沢山でした。(エコーのお花見に“必須”のお酒類はエコーで用意しました(笑)。)

お花見の場所は、北九州市でも桜の名所の一つ「勝山公園」で行いました。とても天気の良い日で気温もちょうど良かった上に、みんなで陣取った場所の桜の木が満開を少し過ぎた散り際で、桜吹雪の花びらを浴びながら食べたり飲んだり楽しく会話したりと、“過去最高のお花見”となりました!\(^o^)/
参加者も総勢十数名と過去最高でした! 「また来年も『お花見エコー』やろうね!(^-^)」というのが参加者全員の感想でした!(^-^)/

IMG_2650

IMG_2690IMG_2744

IMG_2783

 

「JIL九州ブロック大会」にエコーの仲間たちで参加しました

 

3月26日と27日の二日間、北九州市小倉北区の「北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)」で行われた「JIL(全国自立生活センター協議会)九州ブロック大会」に、エコーの仲間たち5人で参加しました。

この九州ブロック大会は、九州と沖縄のJIL加盟団体の自立生活センターのほとんどが参加していました。研修の内容としては、一日目は、団体の自己紹介、一年間の活動・取り組み、成果・目指している目標。課題・活動上の問題点の発表。障害者施策関連の情勢報告などが行われました。二日目は、JILの「ピア・カウンセリング委員会」による、ピアカンがエンパワメントをはかる上でかかせないツールであり、それを普段活用していることを認識するワークショップ。それから「介助サービス委員会」による、加盟団体向けアンケートをもとに「介助派遣」の明暗の報告や、介助派遣事業におけるソーシャルネットワークの意義の報告も行われました。いくつかの班に分かれてのグループワークもありました。

一日目の団体自己紹介では、エコーも、パワーポイントで作成したスライドを見てもらいながら発表しました。

また、今回の研修は地元の小倉で行われたので、普段は遠方で研修が行われることが多くて参加できなかったエコーの仲間たちも初めてJILの研修に参加できました。
その初参加の仲間たちが感想を寄せてくれたので、ご紹介させていただきます。

二日間のJIL九州ブロック大会に見学者として参加させていただきました。初日は九州各県と沖縄とその離島(宮古・石垣)の自立生活センターの活動報告や現状報告がなされ、それぞれの自立生活センターの特色や共通の問題等が勉強でき大変参考になりました。ヘルパー不足や運営する当事者スタッフの高齢化等これからエコーが迎えるであろう事象について、為になる話を聞けたと思います。二日目は責任者の為の議題が主にされたのですが、私は話についていけず少し戸惑いましたが、何とか終える事が出来ました。大会に参加して沢山の仲間と交流できた事が、これからも役に立つと思いました。(E.O.さん)

今回の研修は、とても自分にとっていい勉強になりました。1日目は九州と沖縄の自立生活センターの代表などがそれぞれの団体を自己紹介していましたが、2日目は自分も発表することができて良かったです。(E.K.さん)

3月26日と27 日に行われた「JIL九州ブロック大会」に参加してきました。九州と沖縄の自立生活センターが集まり、それぞれの団体が年間の活動報告と今後の方針の報告していました。各団体とも共通問題は介助者と当事者スタッフの人手不足、そして行政に対する問題などを大きく取り上げられているなーと思いました。いくつかの班に分かれて今の状況と何が問題なのかを話す項目もありました。私は初めての参加で見学者という立場でしたので、「今回は見学に来ました」と言いました。今回の研修が初めての参加で、そうとう緊張をしていて、一日目は少し疲れました。二日目に入ると、ピア・カウンセリングについての項目だったので、日ごろから思っていることを話したりしました。私は言葉に障害を持っていますが、皆さんが真剣に話を聞いてくれたことが本当に嬉しかったです。また機会がありましたら、ぜひ研修に参加したいと思っています。(T.Y.さん)

(なお、個人情報保護の観点から、お名前はイニシャルとさせていただきました。)

 

 

△IMG_2640

△IMG_2635

〇IMG_2631-2

3月「エコー料理部」開催

3月23日(金曜)、エコーのサークルの一つである「エコー料理部」を行いました。

いつもこのブログでご紹介していますが、この「エコー料理部」は、2ヶ月に一度行われていて、エコーの活動の中では「協力プレイ同好会」の次に古いサークルです。
一人暮らしをしていても普段あまり料理していない人は料理の腕前が上がるように、普段から料理をしている人はより美味しい料理を作れるように、家族と一緒に暮らしていて普段は料理を作る機会がない人は一人暮らしを始めた時への準備のためにという目的で始まったサークルで、部長と副部長が中心となって、レシピを作って食材の買出しもします。今回は、副部長が初めて一人で買い出ししました。
参加者は全く同じレシピと食材を使って、食材の切り方や火加減などを細かく介助者に指示を出しながら料理を作るのですが、それぞれの好みや指示の出し方が違ったりするので、できあがった料理は一人ひとり味が違っています。そこで、みんなの料理腕前アップの励みにもなるように、それぞれが作った料理を全員で食べあって、誰の料理が一番おいしかったか人気投票をして、一番人気の人には景品を出したりもします。

今回作った料理は、「ちらし寿司」と「花麩のお吸い物」でした。
いつもどおり同じレシピと食材で作ったのですが、今回は「ちらし寿司」の寿司ご飯をあえるお酢や調味料の詳しいレシピはなく、「参加者それぞれで自分なりの味付けをしてみてください。」という料理部長のチャレンジングな初めての試みで、少々苦戦した人もいたようでした(笑)。でも、みなさん各自で工夫した味付けだった上、お寿司に混ぜる具材の切り方や大きさも個性が出ていて、それぞれとても美味しく出来上がりました!v(^-^) お吸い物に入れた花麩もきれいでした。

恒例の人気投票の結果、今回の一番人気は、副部長のOさんでした。
「Oさん、良かったですね!\(^o^)/ そして、買い出しもお疲れさまでした!m(__)m(^-^)」

 

IMG_2605

 

IMG_2612

 

IMG_2620

3月「エコー研」開催

3月17日(土曜)、毎月恒例の「エコー研」と「食事会」が行われました。

毎月テーマを決めて行っているエコー研ですが、3月のテーマは『介助者派遣制度~入院時や外泊時の利用など~』ということで、スライドを見ながら、障害福祉サービスについて、「制度利用までの流れ」「居宅介護と重度訪問介護」「移動支援」「最近行われた制度改正」「制度を利用する際の禁止事項」などについて、詳しく勉強しました。

参加者からは、「自分が使っている制度の居宅介護のことは知っていたけれども、重度訪問介護のことなどは初めて聞くことばかりで、とても勉強になった」「自分が使っている制度なのに知らないことも多くて、とても勉強になった」「制度改正については知らなかったので勉強になった」「制度を利用する時の禁止事項については、よく注意しなければいけないと思った」など、いろいろな感想があって、率直に、そして深く語り合うことができました。

このように、「エコー研」では、自立生活をする上で大事なことを勉強しながら、参加者それぞれの感想や考えについて語り合うことがたくさんあります。少しでも関心のある方は、ぜひ一度ご参加ください!m(__)m(^-^)

なお、「エコー研」のあとは、恒例の「食事会」を行いました。
この食事会は、障害者・健常者を問わず参加できるオープンなもので、参加者みんなが無礼講でおしゃべりする楽しい食事会です。もちろん、「今までエコーとの関わりが少なかろうと多かろうと、障害者・健常者を問わず誰でもウェルカム!」のイベントです。

毎月開催される「エコー研」と「食事会」ですが、その両方またはどちらか一方でも参加できます。障害者と健常者の垣根を超えてのご参加をお待ちしております!m(__)m(^-^)/

IMG_2586