2019年2月『セッション会+』開催

2月23日(土曜)、毎月恒例の『セッション会+(プラス)』を行いました。
いつもご紹介していますが、この『セッション会+』は、以前から1時間行っていた通常の「セッション会」の時間枠を2.5倍に拡大して、ピア・カウンセリング(以下、ピアカン)の手法や理念の復習をしたり、その会のテーマを決めたりして行う「ミニ継続講座」といった感じでのものです。
時間をたっぷり取った分、セッションも何度も行います。

今回は、「ピアカンの約束事・目的」、「人間の本質と感情の解放」を復習した後、「アプリシエーション」を行いました。「アプリシエーション」は日本語に直すと「称賛」などという意味で、ピアカン独特のルールのもとに参加者全員がお互いの褒め合いをするものです。しかし、ピアカンでは単なる褒め合いではなく、また違った意義を持ちます。

参加者はリーダー役を含めて3人でした。

今回の参加者からは、「アプリシエーションでは、普段褒められることが少ないので、ちょっと意外な感じがしました。」という感想が寄せられました。

エコーでは、この『セッション会+』をほぼ毎月行っていて、内容についても毎回少しずつ変えています。
集中講座を受講し終えたばかりの方や、しばらくセッション会に参加していなかった方、以前に集中講座を受講したことがあるけれどもピアカンそのものを少しお休みしていた方に、ぜひ参加していただければ幸いです!m(__)m(^-^)

ちなみに、3月の「セッション会」の予定は、以下のとおりです。
・1回目(『セッション会+』):3月16日(土曜) 13:00~15:30
・2回目:3月28日(木曜) 13:00~14:00(こちらは、1時間バージョンです!b(^-^))
以上です。

ピア・カウンセリング集中講座を受講した皆さんのご参加を心からお待ちしています!m(__)m(^-^)IMG_3141

IMG_3143

ILセミナー

エコーでは、3月9日(土曜)、「自立生活セミナー」を開催いたします。
セミナーの開催日時・場所や内容などは、以下のとおりです。
お近くの方で関心のある方は、よろしければ是非ご参加ください!
よろしくお願いいたします!

自立生活セミナー ~障害者の一人暮らしについて~

「一人暮らしはしたいけれど、いろいろと問題があって…」そんな悩みを抱えていませんか?
今、施設や在宅から自立生活を実現している重度障害者は大勢います
障害を持った仲間が、一つ一つ課題と解決方法をあなたと一緒に考えます

●日程: 2019年3月9日(土)
●時間: 13時~14時30分
●場所: 西部障害者福祉会館 503会議室
北九州市八幡西区黒崎三丁目15-3 コムシティ5階
●参加費: 無料
●申し込み: 電話、ファックス、メールにて受け付けます
●主催: 自立生活センター・エコー
●後  援: 障害者一人暮らし支援会  全国自立生活センター協議会

問い合わせ先
自立生活センター・エコー
〒800-0217 北九州市小倉南区下曽根1丁目2-33
Tel 093-982-2993 / Fax 093-982-1131
ホームページ http://www1.bbiq.jp/cil-echo/index.html
(「自立生活センター・エコー)で検索)
E‐mail  cil-echo@crv.bbiq.jp  担当:児玉

2019.3.9 ILセミナー

2月「エコー研」開催

2月16日(土曜)、毎月恒例の「エコー研」と「食事会」が行われました。

いつもご紹介していますが、このエコー研は、障害者・健常者を問わず参加していただけるオープンな毎月恒例のミニイベントで、2月は映画『あの夏、いちばん静かな海。』について語り合いました。
この映画は、壊れて捨てられたサーフボードを拾ったことをきっかけにサーフィンに熱中する青年「茂」と、それを優しく見守る「貴子」、どちらも聴覚に障害を持つ恋人同士のひと夏を描いた作品です。
新品のサーフボードを買って仕事も忘れてサーフィンに熱中する茂を叱りながらも陰ながら応援する職場の先輩、茂のひたむきさを見てウエットスーツを譲ったりサーフィン大会への出場を勧めたりして応援するサーフショップの店長など、周りの人々に支えられながらサーフィンが上達していく茂。最初に出た大会は聴覚障害のために呼び出しが聞こえなくて失格するものの、2度目の大会は見事に入選するなど、その努力が実っていったにもかかわらず、最後は…そんな感じの物語です。
また、企画・脚本・監督・編集が、あの「北野武」さんだということでも有名な作品です。
参加者からは「主人公二人にセリフが全くないにもかかわらず、素晴らしい作品になっていて、興味深かった。」「北野武さんの作品だけあって映像がとても美しく、久石譲さんの音楽もとてもよかった。」「ところどころ笑いや“落ち”が入っていて、やっぱり北野さんの作品だなと思った(笑)。」「健常者と障害者との壁が溶けていくところが印象的だった。食事会はメインがスパゲティー・ミートソースで、とても美味しかった。みんなもニコニコしながら食事と会話を楽しんでいた。」などの感想があって、率直に、そして深く語り合うことができました。

このように、「エコー研」では、障害の有無にかかわらず、参加者みんなで、深く考えて気持ちを語り合うことがたくさんあります。
少しでも関心のある方は、ぜひ一度ご参加ください!m(__)m(^-^)

また、「エコー研」のあとは、恒例の「食事会」を行いました。
この食事会は、参加者みんなが無礼講でおしゃべりする楽しい食事会で、もちろんエコー研と同様に、「今までエコーとの関わりが少なかろうと多かろうと障害者・健常者を問わず誰でもウェルカム!」のものです。

毎月開催される「エコー研」と「食事会」ですが、その両方またはどちらか一方でも参加できます。障害者と健常者の垣根を超えてのご参加をお待ちしております!(^-^)/

IMG_3130

IMG_3134

エコー研 2019年3月9日

・3月9日(土曜)に、毎月恒例の「エコー研」と「食事会」を開催します。今回は、エコー主催の「自立生活セミナー」を八幡西区黒崎の「北九州市西部障害者福祉会館」で13時から行うため、「食事会」のみ行います。「食事会」の場所は、いつもどおりエコー事務所で、時間も17時から19時です。参加費は無料です。「自立生活セミナー」とあわせて、障害者と健常者の垣根を超えてのご参加をお待ちしています!

+エコー研ポスター 2019.3

エコー研 2019年2月16日開催

・2月16日(土曜)に、毎月恒例の「エコー研」と「食事会」を開催します。時間は、「エコー研」が14時から16時、「食事会」が17時から19時です。「エコー研」と「食事会」の両方またはどちらか一方だけでも参加できます。参加費は無料です。障害者と健常者の垣根を超えてのご参加をお待ちしています!エコー研ポスター 2019.2.16

2019年1月「協力プレイ同好会」開催

1月29日、今年初めての協力プレイ同好会を開催しました。ディアブロ3をプレイしています。いきなり中ボスを倒しにかかりましたが瞬殺され、ダンジョンやフィールドでザコキャラを倒し地道な経験値上げがひたすら続いています。フィールドを戻ると、新たなクエストが出て来たりして何とかモチベーションが保てています。来月は2月28日開催になります。ザコキャラ退治は爽快感があります。御覧の皆様のご参加をお待ちしております。一緒にザコキャラを倒して楽しんで参りましょう。

game01

game02

game03

2019年1月「エコー研」開催

1月26日(土曜)、今年初めての「エコー研」と「食事会」が行われました。

このエコー研は、障害者・健常者を問わず参加していただけるオープンな毎月恒例のミニイベントで、毎回テーマを決めて行っていますが、今年初めての1月のテーマは「介助者との関係」ということで、プロジェクターで写したスライドを見ながら、介助を受ける側の障害当事者と、介助をする側の介助者それぞれの視点から、日々の介助の中で起きる事柄についていろいろな想いや感情の動きについて語り合いました。
参加者からは「介助者との関係を更に深く学べて、皆の意見やシチュエーションも学ばさせて貰えて、非常に良かったです。」「勉強会は皆、真剣であり、食事会は和気あいあいとして楽しかったです。」「利用者様や介助者の色々な思いや意見などが聞けて、とても勉強になりました。」などの感想があり、当事者は介助者の、介助者は当事者の、それぞれ率直な話を聞いて、様々な気づきや発見などがいくつもあって、深くそして有意義な語り合いができたようでした。

このように、「エコー研」では、自立生活のために必要なことや有意義なことについて、障害の有無を問わず、参加者みんなで時には深く時には熱く語り合うこともたくさんあります。
少しでも関心のある方は、ぜひ一度ご参加ください!m(__)m(^-^)

また、「エコー研」のあとは、恒例の「食事会」を行いました。
この食事会は、参加者みんなが無礼講でおしゃべりする楽しい食事会で、もちろんエコー研と同様に、「今までエコーとの関わりが少なかろうと多かろうと障害者・健常者を問わず誰でもウェルカム!」のものです。

毎月開催される「エコー研」と「食事会」ですが、その両方またはどちらか一方でも参加できます。障害者と健常者の垣根を超えてのご参加をお待ちしております!(^-^)/

ekoken01

ekoken02

ekoken03