R元年度「ピア・カウンセリング集中講座」開催

2月14日(金曜)から16日(日曜)の3日間、令和元年度の「ピア・カウンセリング集中講座」を行いました。会場は北九州市八幡西区黒崎にある「北九州市西部障害者福祉会館」で、リーダー(講座の講師役)は「自立生活センター あるる」の安原美佐子さんとエコーの井瀬でした。
今回は、昨年度に続いて2泊3日で行いました。参加者は9人(長崎県佐世保市から1人、大分県別府市から1人、行橋市から2人、北九州市から5人)と、エコーが連泊で行った講座の中では最も多い人数でした。年齢も24歳から60歳と幅がありましたし、障害内容も身体の方も精神の方もいて、今回の講座は多様性に満ちていたと思います。
そして、今回の講座は、参加者の皆さんが積極的に発言したり交流したりして、人数が多かったにもかかわらず、とてもアットホームで楽しいものになりました。「講座はリーダーと参加者みんなで作るものだ」ということを深く実感できた今回の講座だったと思います。
なお、今回の講座の交流会では、「北九州らしさ」をアピールしようと、北九州市の官営八幡製鐵所関連施設を含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の世界遺産登録をきっかけに発売された『世界遺産辨當(せかいいさんべんとう)』を食べましたので、その写真などもアップさせていただきます(笑)。

ピア・カウンセリングは、障害をもつ仲間同士が話を聞き合うことで、お互いに気持ちを分かち合い、本来の力を取り戻していくもので、「ピア・カウンセリング集中講座」は、そのピア・カウンセリングの理論や手法を伝えるものです。
そして、この集中講座を受け終えて初めて、本当の意味でのピア・カウンセリングの「セッション(話の聴き合い)」ができるようになると言われています。

エコーでは、ほぼ毎年「ピア・カウンセリング集中講座」を行っています。自立生活センターの活動の中でピア・カウンセリングはとても大事なものと考えているからです。
そして、今後も「ピア・カウンセリング集中講座」を毎年続けることで、ピア・カウンセリングの手法を学んだ参加者の皆さんが「なんでも安心して話せる仲間と場所」を得て、ピア・カウンセリングのセッションを繰り返すことによって、ご自分本来の力を取り戻すことができると良いと、エコーは心から願っています。     (文責:井瀬政裕)1 集合写真12 集合写真213 世界遺産弁当14 世界遺産弁当 説明