R元年度「ピア・カウンセリング集中講座」開催

2月14日(金曜)から16日(日曜)の3日間、令和元年度の「ピア・カウンセリング集中講座」を行いました。会場は北九州市八幡西区黒崎にある「北九州市西部障害者福祉会館」で、リーダー(講座の講師役)は「自立生活センター あるる」の安原美佐子さんとエコーの井瀬でした。
今回は、昨年度に続いて2泊3日で行いました。参加者は9人(長崎県佐世保市から1人、大分県別府市から1人、行橋市から2人、北九州市から5人)と、エコーが連泊で行った講座の中では最も多い人数でした。年齢も24歳から60歳と幅がありましたし、障害内容も身体の方も精神の方もいて、今回の講座は多様性に満ちていたと思います。
そして、今回の講座は、参加者の皆さんが積極的に発言したり交流したりして、人数が多かったにもかかわらず、とてもアットホームで楽しいものになりました。「講座はリーダーと参加者みんなで作るものだ」ということを深く実感できた今回の講座だったと思います。
なお、今回の講座の交流会では、「北九州らしさ」をアピールしようと、北九州市の官営八幡製鐵所関連施設を含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の世界遺産登録をきっかけに発売された『世界遺産辨當(せかいいさんべんとう)』を食べましたので、その写真などもアップさせていただきます(笑)。

ピア・カウンセリングは、障害をもつ仲間同士が話を聞き合うことで、お互いに気持ちを分かち合い、本来の力を取り戻していくもので、「ピア・カウンセリング集中講座」は、そのピア・カウンセリングの理論や手法を伝えるものです。
そして、この集中講座を受け終えて初めて、本当の意味でのピア・カウンセリングの「セッション(話の聴き合い)」ができるようになると言われています。

エコーでは、ほぼ毎年「ピア・カウンセリング集中講座」を行っています。自立生活センターの活動の中でピア・カウンセリングはとても大事なものと考えているからです。
そして、今後も「ピア・カウンセリング集中講座」を毎年続けることで、ピア・カウンセリングの手法を学んだ参加者の皆さんが「なんでも安心して話せる仲間と場所」を得て、ピア・カウンセリングのセッションを繰り返すことによって、ご自分本来の力を取り戻すことができると良いと、エコーは心から願っています。     (文責:井瀬政裕)1 集合写真12 集合写真213 世界遺産弁当14 世界遺産弁当 説明

2020年1月「エコー料理部」開催

1月24日(金曜)、エコーのサークルの一つである「エコー料理部」を、今年になって初めて行いました。

いつもご紹介していますが、この「エコー料理部」は、2ヶ月に一度行われていて、エコーのサークル活動の中では「協力プレイ同好会」の次に古いサークルです。
一人暮らしをしていても普段あまり料理していない人は料理の腕前が上がるように、普段から料理をしている人はより美味しい料理を作れるように、家族と一緒に暮らしていて普段は料理を作る機会がない人は一人暮らしを始めた時への準備のためにという目的で始まったサークルで、部長と副部長が中心となって、レシピを作って食材の買出しもします。会場は、エコーの近くの市民センターの調理室をお借りして行います。
参加者は全く同じレシピと食材を使って、食材の切り方や火加減などを細かく介助者に指示を出しながら料理を作るのですが、それぞれの好みや指示の出し方が違ったりするので、できあがった料理は一人ひとり味が違っています。そこで、みんなの料理腕前アップの励みにもなるように、それぞれが作った料理を全員で食べあって、誰の料理が一番おいしかったか人気投票をして、一番人気の人には景品を出したりもします。

今回作った料理は、「豚のしょうが焼き」「ひじきの煮物」「なめこと豆腐のみそ汁」の3品でした。
いつもどおり全く同じレシピと食材で作ったのですが、今回の「豚のしょうが焼き」も、豚肉の切り方や味付け、焼き具合などが違っていて、それぞれ美味しく出来上がりましたし、「ひじきの煮物」も、熊井部長が前日から前処理をしてくれていたお陰もあって、しっかりと味が付いてとても美味しく出来上がりました。「なめこと豆腐のみそ汁」も、なめこが入っているので、お汁に少しとろみが付いて、とてもなめらかでした!

恒例の人気投票の結果、今回の一番人気は、自立生活6年目を迎えたYさんでした。
Yさん、しょうが焼き、とってもおいしかったですよ!(^-^)2020年1月「エコー料理部」 22020年1月「エコー料理部」 42020年1月「エコー料理部」 5

「エコー研」開催(2020年2月29日(土曜))のお知らせ

・2月29日(土曜)に、毎月恒例の「エコー研」と「食事会」を開催します。2月のテーマは『障害を持つことについて~相模原殺傷事件を振り返る~』です。
内容としては、先日、公判が始まった「相模原殺傷事件」を振り返りながら、「障害を持つこと」について考えてみようといった感じのものになります。
参加者の皆さんと一緒に、真面目にそして深く、いろいろ考えたり話したりできれば嬉しいと思っています。
・時間は、「エコー研」が11時から13時、「食事会」が13時から15時の予定です。従って、食事会は「お昼ご飯」となります。よろしくお願いいたします!
・「エコー研」と「食事会」の両方またはどちらか一方だけでも参加できます。
・参加費は”無料”です。障害者と健常者の垣根を超えてのご参加をお待ちしています!エコー研ポスター2020.2

2020年1月「エコー研」開催

1月18日(土曜)、毎月恒例の「エコー研」と「食事会」が、今年になって初めて行われました。

いつもご紹介していますが、このエコー研は、障害者・健常者を問わず参加していただけるオープンな毎月恒例のミニイベントです。参加費は“無料”です!

今回のテーマは、前回(2019年11月)と同じ「エコー研のテーマを考える」でした。
内容としては、今までエコーの方で決めて内容を用意してきたエコー研のテーマについて、今後は「どんなことをエコー研でしてほしいか」、「こんなことをエコー研でやってみたら面白いんじゃないか?」、「自分はこんなことをやってみたいけれども、どうだろう?」など、前回の内容を振り返りながら、参加者の皆さんにドンドン意見を出して話し合ってもらいました。
今回は、前回の内容に加えて、さらに新しいテーマが提案されたり、プロジェクト・チームへの新しい参加希望者が出たりして盛り上がりました。
また、あるプロジェクト・チームのテーマにしぼって、具体的な取り組みまで少し話し合ったりもしました。そのテーマとは? それは、今のところは「お楽しみに!v(^-^)」とだけ申し上げておきます(笑)。
これからのエコー研、ちょっと楽しみで面白そうなことになってきました!(^-^)
少しでも関心のある方は、ぜひご参加ください!m(__)m(^-^)

また、「エコー研」のあとは、恒例の「食事会」を行っています。
この食事会は、参加者みんなが無礼講でおしゃべりする楽しい食事会で、もちろんエコー研と同様に、「今までエコーとの関わりが少なかろうと多かろうと障害者・健常者を問わず誰でもウェルカム!」のものです。
今回のメニューは、スパゲティー・サラダとブロッコリーのアンチョビ・ソテー、そして鶏肉のみぞれ煮でした。参加者の皆さんには、「この鶏肉柔らかい!みぞれの味もおいしい!(^-^)」「このスパゲティー・サラダ、ヤバい! いくらでも食べられるよ!(笑)」「このブロッコリーのソテー、アンチョビの風味がきいてるね~! ブロッコリーは栄養あるもんね! (^-^)」などと大好評でした!(^-^)

毎月開催される「エコー研」と「食事会」ですが、その両方またはどちらか一方でも参加できます。
障害者と健常者の垣根を超えてのご参加をお待ちしております!(^-^)/2020年1月「エコー研」開催

「エコー研」開催(2020年1月18日(土曜))のお知らせ

・1月18日(土曜)に、毎月恒例の「エコー研」と「食事会」を開催します。今回のテーマは前回と同じ『エコー研のテーマを考える』です。
内容としては、「今後、エコー研のテーマを、どんなものにしようか? どんなテーマで、やりたい? こんなテーマで自分が発表したいけれど、みんなの意見はどう?」などと、参加者みんなの参加型で、これからのエコー研の内容を考えてみようといった感じのものになります。
今回、前回と同じテーマになった理由は、実は前回、話が盛り上がって、まとめきれなかったためです。前回と同じように、参加者みんなで楽しみながら、今後のエコー研について、いろいろ考えたり話したりできれば嬉しいと思っています。
・時間は、「エコー研」が11時から13時、「食事会」が13時から15時の予定です。従って、食事会は「お昼ご飯」となります。よろしくお願いいたします!
・「エコー研」と「食事会」の両方またはどちらか一方だけでも参加できます。参加費は”無料”です。障害者と健常者の垣根を超えてのご参加をお待ちしています!

エコー研ポスター2020.1

謹んで新春のお慶びを申し上げます

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は大変お世話になりました。

お蔭さまで、自立生活センター・エコーは、昨年10月をもって、設立10周年を迎えました。
自立生活に必要な情報やノウハウの提供(自立生活プログラム)、障害者同士によるカウンセリング(ピアカウンセリング)、役所との介助時間に関する交渉、部屋探し、介助者探し、各種相談、権利擁護活動など、障害者の自立に関する様々な事業や活動を地道に行ってきました。
また、活動を続ける中で、地域の介護派遣事業所や訪問看護派遣事業所、相談支援事業所、病院、施設、特別支援学校などとの関わりもでき、連携して支援も行えるようになってきました。
今後も、障害を持つ仲間一人一人を大切に、寄り添いながら、自立支援を行っていきたいと思っています。

本年もよろしくお願いいたします。2020年 年賀状