「自立生活プログラム」終了

先日からブログやfacebookでご紹介してきたように、エコーでは、9月7日(土曜)から「長期自立生活プログラム」を行ってきましたが、11月16日(土曜)の10回目を最後にプログラムを終了しました。

前回のご紹介記事の続きとしては、第7回目「お宅訪問」、第8回目「公共交通機関を使ってのお出かけ」、第9回目「制度学習・家族との関係」、第10回目「プログラムを終えて(今後の目標)」でした。

エコーでは、今回の「長期自立生活プログラム」で、いくつか新しいことを試みました。
・参加者に皆さんには、講座内容の資料を、紙にプリントアウトしたものを読んでもらうのではなく、資料のスライドをパワーポイントで作って、プロジェクターで写して読んでもらいました。
・調理の回では、同じような食材でも全く違う料理が作れることを参加者に実感してもらうために、今までのように全員が同じメニューで同じ料理を作るのではなく、それぞれが違ったメニューで違う料理(「薄切り牛肉のカレーライス」「ハッシュドビーフ」「牛丼」「肉じゃが」の4種類)を作ってもらいました。
・「介助者との関係」や「制度学習」の項目では、ロールプレイを何度も行って、参加者の皆さんに具体的にイメージしてもらえるように努力しました。

参加者の皆さんにも好評だったようなので、今回の試みは成功だったと思います。
このように、エコーは、「自立生活プログラム」の内容がマンネリ化しないように、いろいろと今後も試行錯誤しながらプログラムを“進化”させていきたいと考えています。
よろしくお願いいたします!

また、今回の「自立生活プログラム」で、とてもうれしかったのは、広島県尾道市の「自立生活センター びんご」のM.K.さんが、わざわざ遠方から毎週のように通って参加してくださったことです。
同じ自立生活センターの仲間が、300キロ近く離れたところから毎週のように通って参加してくださったのです! とっても励まされる、そして、うれしいことでした!
M.K.さん、ありがとうございました!m(__)m(^-^)

ILP 1(お宅訪問)

ILP 2(お出かけ)

ILP 3(お出かけ)

ILP 4(制度学習)

ILP 5(制度学習)

ILP 6(集合写真)

自立生活プログラムを開催中です(その2)

先日もブログやfacebookでご紹介したように、エコーでは、9月7日(土曜)から10回連続の「長期自立生活プログラム」を行っています。

現在、先日ご紹介した第1回目と第2回のあと、第3回目「介助者との関係①」、第4回目「介助者との関係② 衛生管理、健康管理」、第5回目「料理を作ろう!」、第6回目「自立生活ってなに?(制度学習1 金銭管理)」が終わり、プログラムの半分以上を終えたところです。

前回もご紹介しましたが、今回の特徴としては、講座の資料は、紙にプリントアウトしたものを配布して参加者に読んでもらうのではなく、プロジェクターでスライドを映しながら読んでもらうようにしています。

また、第5回目の調理の回では、今回初めての試みとして、同じような食材でも全く違う料理が作れることを参加者に実感してもらうために、いつものように全員が同じメニューで同じ料理を作るのではなく、それぞれが違ったメニューで違う料理(「薄切り牛肉のカレーライス」「ハッシュドビーフ」「牛丼」「肉じゃが」の4種類)を作ってもらいました。皆さん、とてもおいしく出来上がりました!(^-^) 買出しは近くのスーパーに行き、調理は、いつも「料理部」でお借りする近くの市民センターの調理室で行いました。

今回の自立生活プログラムは、9月7日から11月16日まで、ほぼ一週間に一度のペースで行いますので、これからもブログやfacebookでご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いいたします!

ILP 2 買出し2

ILP 4 調理2

ILP 8 調理 肉じゃが

ILP 9 調理 全員写真

自立生活プログラムを開催中です(その1)

先日、ブログやfacebookでご紹介したように、エコーでは、9月7日(土曜)から10回連続の「長期自立生活プログラム」を行っています。

今回の参加者は5名で、そのうちのお一人は、通いの講座にもかかわらず、遠路はるばる広島県尾道市から参加してくださいました!

また、今回の特徴としては、講座の資料は、紙にプリントアウトしたものを配布して参加者に読んでもらうのではなく、プロジェクターでスライドを映しながら読んでもらうようにしました。
現在、第1回目と第2回目が終わったところで、各回のテーマでいうと「プログラムを受けるにあたって」と、「障害について 自立生活運動について」を行いました。

今回の自立生活プログラムは、9月7日から11月9日まで一週間に一度のペースで行いますので、これからもブログやfacebookでご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いいたします!IMG_3537

IMG_3538

IMG_3539

9月7日から「自立生活プログラム」を開催します

【9月7日から「自立生活プログラム」を開始します】

自立生活センター・エコーでは、毎年「自立生活プログラム」を行っていますが、今年度の開催日程などが決まりました。
「自立生活プログラム」では、「健康管理」、「金銭管理」、「掃除洗濯」、「制度利用」、「介助者との関係作り」、「公共交通機関を利用しての外出」など、地域で自立生活を送るために必要な知識や情報、ノウハウを、実際に自立生活を送っている仲間が伝えます。
自立生活について、難しいなと感じていることでも、必ず何か解決方法はあるものです。あきらめずに私たちと一緒に考えてみませんか?
日程などは、以下のとおりです。

なお、この記事の一番下のところから、今回の自立生活プログラムの「参加申込書」のWordファイルをダウンロードできるようにしてありますので、関心のある方は、ぜひダウンロードしてご覧になってみてください。

●日程:9月7日(土)、9月14日(土)、9月22日(日)、9月28日(土)
10月5日(土)、10月12日(土)、10月19日(土)、
10月26日(土)、11月2日(土)、11月16日(土)
全10回(毎週土曜日)
※10回すべての参加が原則です。
●時間:13時~17時
※回によっては時間が異なることがあります。
●場所:西部障害者福祉会館 503会議室
(北九州市八幡西区黒崎三丁目15-3 コムシティ5階)
※回によっては場所が異なることがあります。
●参加費:3000円
※食材費、交通費等は別途料金となります。
●定員:5名程度
●申込締切:8月24日(土)
※介助や送迎にお困りの方は、ご相談ください。

●お問合せ先●
・自立生活センター・エコー
・〒800-217 北九州市小倉南区下曽根1丁目2-33
・Tel 093-982-2993 / Fax 093ー982ー1131
・E-mail  cil-echo@crv.bbiq.jp
・担当:児玉

2019年9月ILPポスター

R1年度ILP申込書ルビあり

「自立生活プログラム」を開催中です(その2)

ブログやfacebookでもご紹介したように、エコーでは「自立生活プログラム(以下、ILP)」を」開催中ですが、8月25日(土曜)、その5回目が行われました。

今回の内容は「お宅訪問」でした。この「お宅訪問」は、ILPの参加者が、すでに自立生活をしている障害者のお宅を実際に訪問して、そのお宅の間取り・バリアフリー化するための改造の様子、立地条件(JRの駅からの距離、近くにバス停があるか、近くに銀行や郵便局のATMがあるかなど)、生活ぶりなどを見学するものです。
今回は、エコーの仲間のKさんのお宅を訪問させていただきました。Kさんは重度の脳性マヒで手足が自分の思い通りに動かなくて言語障害もあり、食事などの日常生活動作のすべてに介助を常に必要とされる方ですが、エコーの支援で施設を出て自立生活7年目の“自立生活のベテラン”です。

参加者からは、「Kさんは、七年間続けて不安なく生活していて凄いなと思いました。お部屋も綺麗に整理整頓されていて感心しました。」「自立生活プログラムで、今までスライドで学んだことを実際に障害者のお宅訪問をして、一人暮らしのイメージが湧きました。不安や葛藤、一人暮らしで重視することなど、直接自立生活をしている障害者の人にお話を聞くことができ、有意義な時間を過ごしました。」などの感想が寄せられました。

このように、ILPでは、自立生活に必要なノウハウを“勉強”するだけではなく、実際に自立生活を送っている“自立生活の先輩”と接し、その方の想いを聞いたり、その生活ぶりを自分の目で“見て、感じる”ことがとても大切だとエコーは考えています。
そしてエコーは、この参加者数名で一緒に学ぶ「集団自立生活プログラム」をほぼ毎年行っていますし、必要な方には「個別自立生活プログラム」も行っています。自立生活について、難しいなと感じていることでも、必ず何か解決方法はあるものです。あきらめずに私たちエコーと一緒に考えてみませんか?

 

ILP 1

ILP 2

 

ILP 3

 

ILP 4

 

ILP 5

「自立生活プログラム」を開催中です

先日ブログやfacebookでもご紹介しましたが、エコーでは、7月14日から9月15日の予定で「自立生活プログラム」を開催中です。

今回は、聴覚に障害のある方が参加してくださったため、初めての試みとして、筆談する代わりに会話の内容をPCのWORDに入力し、それをそのままプロジェクターで写し出したものを参加者全員で読みながら講座を進めています。今ちょうどプログラムの4回目を終えたところですが、思った以上にスムーズに進行できているようです。
たとえば、前回の調理実習では、聴覚に障害のある参加者は介助者と小さなホワイトボードを使って筆談で会話しながら指示を出して調理したのですが、写真のような美味しいカレーが出来上がりました。参加者からは「初めて筆談で介助者に指示をしながら調理したのですが、思った以上に美味しいカレーができてうれしかったです!」という感想が寄せられました。

このように、エコーでは参加者のニーズに応じていろいろと工夫しながら「自立生活プログラム」を進めています。また機会があれば、今回のプログラムの途中経過をご紹介できればと思っています。

ILPその1

ILPその2

ILPその3

ILPその4

ILPその5

ILPその6