『Zoomでセッション会+(プラス)』始めました!

5月29日(土曜)、エコーでは、新型コロナウイルス感染防止のために昨年の2月を最後にずっとお休みしてきた(涙)ピア・カウンセリング(以下、ピアカン)の「セッション会+(プラス)」を、Zoomを使って初めてリモートで行いました。名付けて『Zoomでセッション会+』!(そのままですが…(汗笑))
でも、セッションだけを行うセッション会は、Zoomの「ブレイクアウトルーム」機能を使えば問題なく行えるのですが、ピアカンの約束事などをホワイトボードに掲示して説明したりする「ミニミニ講座」であるセッション会+をZoomで行うとなると、少々工夫が必要でした。〈Zoomの画面共有機能で参加者の皆さんにパワーポイントの画面を見てもらいながら行おうか?それとも…?〉と、いろいろと試行錯誤した結果、奇しくもリアルの時と同じ「ホワイトボード」というZoomの機能を使うことにしました(笑)。これは、画面共有で白い画面を一面に出して、そこに文字などを書き込める機能です。「ピアカンの約束事」などを参加者が読めるようにその場で書き込んでいったり、最後に項目全部をZoomのチャット画面に貼り付けたりしたのですが、リアルの時と比べても、それほど大きな違和感はなく行うことができたと思います。
参加者さんからは、「2時間半のプラスは時間が長いので少し疲れるけれども、リアルの時と違って、Zoomだと途中で横になれたので体が楽だった。楽しかった!(^-^)」「他のセンターのピアカン講座に参加することは少ないので、今回はZoomで行ってくれたおかげで参加できて良かった。」など、リモートならではの感想をいただきました。
また今回、遠い“沖縄”の自立生活センターの方も参加してくださったことは、リモートで行う『Zoomでセッション会+』ならではのことだったと思います!(^-^)
 エコーでは、この『Zoomでセッション会+』を今後も続けていきたいと考えています。よろしくお願いいたします!

なお、今回の記事は、次回発行の「エコー通信vol.36」の表紙でご紹介するものと全く同じです。
「エコー通信」は、紙媒体でお配りするものと、ブログでご紹介するPDFファイルでしか公開していませんので、視覚に障害をお持ちの方には読みづらいと考えて、あえて通信の記事と全く同じ内容にしてあります。
“決して”手を抜いたわけではありませんので、その点をご了承ください(笑)。

(文責:井瀬政裕)

「リモート飲み会」続けてます!

「エコー通信vol.33」でご紹介したように、昨年の8月から定期的に始めた「リモート飲み会」ですが、今もウェブ会議ツールのZoomを使って土曜日に開催しています。ただ、昨年までは毎週土曜日開催でしたが、今年の1月からは、これもまたZoomを使って月に2回の「セッション会」を始めて、そのうち1回を土曜日に行うため、月3回ほどに減りました。
この「リモート飲み会」、“飲み会”と名前がついていますが、お酒を飲むかどうかは参加者の自由です。毎回のようにお酒を飲む人がいれば、一度も飲んだことがない人もいて、いろいろです(笑)。
時間は約一時間、何もテーマを決めずに雑談する「おしゃべり会」で、Zoomの「画面共有機能」を使って、参加者みんなでYouTubeを観て遊んだりもします。懐かしのアニメの主題歌をYouTubeで見つけて、参加者みんなで盛り上がったこともあります!(笑)
先日などは、広島県尾道市の自立生活センター『びんご』の小林さんも参加してくださって、いろんな話で盛り上がりました! Zoomを使っての「リモートおしゃべり会」なので、参加者同士の距離は全く関係ないのが、この「リモート飲み会」の一番の良さですね!(^-^)

突然始まって、もう一年以上も続く「コロナ禍」のもと、なかなかリアルでは会いにくい状況です(涙)が、この「リモート飲み会」は、Zoomを通じて情報交換したり笑いあったり、今のエコーの仲間たちの貴重な“憩いの場”になれているような気がします(^-^)

エコーでは、この「リモート飲み会」を今後も続けていくつもりです。「コロナ禍」が収束して、パソコンやタブレットなどの端末の画面越しではなく実際に会ってお酒を酌み交わせる日常が一日も早く戻ることを、心から願いながら!

初めての「Zoomでセッション会」開催

〇初めての「Zoomでセッション会」開催〇

1月6日(水曜)の14時から15時の一時間、エコーでは、ピア・カウンセリング(以下、ピアカン)の「セッション会」を、ウェブ会議ツールのZoomを使って初めて行いました。

このコロナ禍の中、エコーでは、新型コロナウイルス感染防止のために、昨年の3月以来ずっと「セッション会」をお休みしてきました。でも、「セッション会」をお休みすることは、ピアカンは自立生活センターの活動の中でもとても大事なものだと考えているエコーにとっては、とても残念なことでした。

そこで、いくつかZoomを使ったピアカンの講座に参加して〈このZoomを使えば、エコーでも「セッション会」ができるな。よし!自分がZoomを勉強して、エコーでも「セッション会」ができるようにしよう。ガンバろう!p(^-^)q〉と思った井瀬が企画して、今月から「Zoomでセッション会」を始めました。

今回の参加者は井瀬を含めて3名で、セッションは3人が1グループで行ったため、Zoomの大きな特徴で、これがあるからこそ4人以上の参加者でも、いくつかの小部屋を作ってペアでセッションすることができる「ブレイクアウトルーム」の機能が使えなかったことは、井瀬としてはチョッピリ残念でしたが(笑)、それぞれパソコンやタブレットの画面越しではありますが、リアルでセッションするときに近い感じで、ちゃんとセッションができました!v(^-^)

参加者のお二人の感想は、「リアルでセッションするときは、ある種の緊張感を感じながらセッションしていたけれども、Zoomだと自宅のプライベートエリアで、よりリラックスしてセッションできた(^-^) 自分としては、このZoomでのセッションも良いかなと思った。リアルのときの一体感も良いし、ZoomもZoomの良さがある。どっちも良いかな~と思った(^-^)」「リアルでのセッションと違って平面的にしか相手の感じが見れなくて、いつものリアルでのセッションに比べると、ちょっと物足りない感じがした。でも、セッションは、ちゃんとできたので良かった!(^-^)」というものでした。

なにぶん、初めてのZoomを使った「セッション会」だったので、それぞれ違和感や戸惑いなどは少々あったようですが、自宅に居ながらにして仲間たちとセッションできたことは、とても良かったと感じています(^-^)
なお、アップした画像は、「ニュー&グッズ」のときのZoomの画面です。(画像をアップすることについては、ピアカンですから、もちろん参加者の同意を得ています(笑)。)

エコーでは、この「Zoomでセッション会」を、今後も一回一時間で、毎月2回行う予定です。
ちなみに、今月の2回目は1月30日(土曜)の14時から15時の一時間、来月は、2月11日(木曜)と20日(土曜)の、どちらも14時から15時の一時間で行う予定です。
よろしくお願いいたします!          (文責:井瀬政裕)

エコーが日本経済新聞に掲載されました

〇エコーが日本経済新聞に掲載されました〇

「エコー通信vol.34」でもご紹介しましたが、昨年の12月21日の「日本経済新聞」の社会面「ドキュメント日本」の中で、エコーの活動と、エコーの仲間の中川理絵さんの自立生活の様子が記事として掲載されました。
新聞に掲載された記事の画像と、エコーと中川さんについて書かれた部分(赤枠で囲んである部分)の拡大画像をアップしておきますので、ぜひご覧ください。

また、画像だけでは読みづらい方のために、エコーと中川さんについて書かれた記事の内容を以下に書かせていただきます。

障害者の自立の試みは各地に広がる。一人暮らしを支援する全国自立生活エンター協議会(東京)には12月時点で117団体が加盟する。
北九州市の自立生活センター「エコー」で、自立生活プログラムを受講した中川理絵さん(55)は今年4月、一人暮らしを始めた。「脇役だった自分が、急に主人公になったような不思議な気分」。脳性まひや言語障害があり実家で暮らしていたが、両親が亡くなり施設入所検討していた時にセンターを知った。
今は自分で食事の献立を考えてヘルパーに指示する。外出にも出かけられるようになり、ひいきのうどん屋もできた。「くたびれたり失敗することもあるけれど、やりがいがある」

中川さんについての記事の内容は、以上です。よろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年は、たいへんお世話になりました。

昨年は、新型コロナウイルス感染症の流行で、今までになく大変な一年でした。
エコーでも、2月下旬以降は、“三密”を避けるために、いつものイベントをすべて休止するなど様々な自粛を余儀なくされましたが、8月からはウェブ会議システム「Zoom」を活用して週に一度「リモート飲み会」を始めるなど、少しずつ仲間同士のつながりの回復のために努力しました。
今年に入ってからは、Zoomを使って、ピア・カウンセリングの「セッション会」も再開しています!
今後も、しばらくは「ウィズコロナ」の生活が続くと思われますが、エコーは、いろんな知恵を出しながら、今年も元気にセンターの活動を続けたいと考えています!
そして、今年が皆様にとって幸多き一年でありますよう、心からお祈りいたします。
今年も、よろしくお願いいたします!

「屋外でバーベキュー」を行いました!

10月29日(木曜)、エコーでは、久しぶりの「バーベキュー」を、事務所から歩いて“3分”の小さな公園で行いました。(平日の昼間ほとんど人のいない公園で、絶妙の場所に、ちょうどよい公園があって助かりました!(笑))
昨年もバーベキューは行いましたが、真夏で暑かったこともあり、肉や野菜は屋外で焼いたものの、私たち障害当事者はエアコンがついた事務所の中で食べたり飲んだりしましたが、今回は、新型コロナウイルス感染防止のために、密閉が避けられる“屋外”で全員が飲食しました。
開催日が10月末だったので気温が少々心配でしたが、当日は晴れてポカポカと暖かい日で風もなく絶好の「バーベキュー日和」でした!(笑)
参加した仲間たちも、「こんな催しに参加したのは初めてです! 来てよかった!(^-^)」「今日は、ちょうど良い感じの天気で良かったね~(^-^)」「この前の花火大会も超楽しかったけど、夜だったから顔がよく見えなかった。でも、今回は昼間だから、みんなの顔を見ながら美味しいものが食べれてうれしい!(^-^) お酒もあるし~!\(^o^)/(笑)」「このお肉やわらかい! 焼き加減も最高! 食が進む~!(^-^) コ、コロナ太りに拍車が…(^^;)(笑)」「乾杯~! おっと、ソーシャル・ディスタンス、ソーシャル・ディスタンス!(笑)」など、(ウィズ・コロナの生活ならではの冗談も飛び出しながら(笑))みんながゴキゲンでした!(^-^) また、参加してくれた介助者さんの中には、今回のバーベキューのために、わざわざTシャツやハッピ、小道具なども買ってきてくれた方たちもいましたし、みんなで食べるためにパンケーキを焼いてきてくれた仲間もいました。大感謝です!m( _)m(^-^)
今回の野外バーベキューは、エコーの仲間たちと、いつもお世話になっている事業所の介助者の皆さんにしか参加の呼びかけができなかったのですが、平日の昼間にもかかわらず、20名もの参加者でした。
ウィズ・コロナの生活でストレスを感じることが多い日々の中、エコーにとっては、先日行った花火大会と同様に「最高のストレス解消」ができた“大成功!v(^-^)”の催しだったと思います!(^-^)

「花火大会」を開催しました!

 エコーでは、新型コロナウイルス感染防止のため、この半年以上の間、すべてのイベントをお休みしてきました。
 しかし、9月8日(火曜)の夜、エコー初めての「花火大会」を開催しました! 屋外で行う催しなら、手指消毒とマスク着用を徹底して、ソーシャル・ディスタンスを守れば、ウイルス感染の危険性は極めて低いと判断したからです。
 花火の種類も、打ち上げ花火、噴出花火(通称ドラゴン)、手持ち花火、線香花火など、いろいろな種類の花火を集めましたし、30分ぐらい花火が続けられるように量もたくさん買い込みました!v(^-^)
 参加した仲間たちも「ひさしぶり~!元気だった~?(^-^)」 「うん!なんとかね!そっちも元気そうでよかった!(^-^)」「こんな大きな花火、初めて手に持ってできた!(^-^)」「ドラゴンも、これだけの量を集めて一気に火をつけたら壮観だね~!(@@)」「やっぱり花火はきれい~!」「子供たち10人以上来てくれてるよね!子供がたくさんいると活気があって楽しいね~(^-^)」と大喜びでした。介助者さんが連れてきてくれたお子さんたち(介助者さん自身も(笑))も歓声を上げて花火を楽しんでくれていました!(^-^)  今回は、思い立ってから開催するまでの日にちが短かったので、エコーの利用者と、いつもお世話になっている事業所の介助者の皆さんにしか参加の呼びかけができなかったのですが、児玉代表や介助者の皆さんが奥さんやご主人、お子さんなどご家族も連れてきてくれたので、なんと総勢32人(@@)にも及ぶ参加者で、終わってみれば、今までエコーが開催した催しの中でもトップクラスの参加人数でした!\(^o^)/
 今回の「花火大会」は“大成功!v(^-^)”だったことから、エコーでは、今後は、外気温に注意しながらも、屋外での開催を視野に入れて催しを企画しようと思っています!(^-^)
 新型コロナなんかに負けてはいられませんからね!p(^-^)q